大学生のに作って、ちゃんと使っておきたかったクレジットカード

最近は大学生でもクレジットカードは普通に持っていると思います。学生証と生協などのカードと一体となったクレジットカードなどもあるので学生だからクレジットカードはよくないという風潮は特にないと思います。しかし、クレジットカードは借金や自己破産への入り口などと考えている人もいるようで使っていない人も多くいます。使っていない人の話を聞くと必要性も感じてないことやそういったネガティブな危険性があるということを理由にしています。

私は社会人の練習としてクレジットカードを大学生から使い始めてもいいと思います。一人暮らしの大学生は特に家計ということを意識していると思うので毎月の支出や収入の収支を考えて生活していると思います。後先考えずに買い物したりするようなタイプでない限り、きっっちりと収入以下で生活できていればクレジットカードを使って破産するような危険なこともほぼありません。自宅の大学生もお金の管理をするという意味でクレジットカードを使ってみるのもいいことだと思います。

私は大学生の時に、いくつかクレジットカードを作ったことがあります。 大学生の時は収入がほとんどなかったので、クレジットカードをできるだけ使わないようにしていました。買い物をする時に、クレジットカードを使えば10%割引になるなどお得なことがあったり、インターネットでの買い物で毎回コンビニに支払いに行くのが面倒だったりなど、クレジットカードを使った方が良い場合にだけ使うようにしていました。

その理由は、大学生のうちから当たり前のようにクレジットカードで買い物をすることに慣れたくなかったということと、現金で支払った方が自分がいくらお金を持っているのか把握しやすかったからです。

しかし、現金だけだといざという時に不安なので、クレジットカードはいつも持つようにしていました。
クレジットカードがあると、現金を少ししか持っていない時でも安心することができました。
今は、大学生の時よりクレジットカードを使う頻度が増えました。
大学生の時からクレジットカードの活用方法をもっと知っておけば良かったなと思います。

学生のうちに、ちゃんとクレジットカードを使いたいという方は
→ 学生クレジットカード.com